一眼レフを買ったばかりの初心者はキットレンズだけでOK!どんな風景写真も撮影出来るキットレンズの凄さとは?

一眼レフを買ったばかりの初心者はキットレンズだけでOK!どんな風景写真も撮影出来るキットレンズの凄さとは?

広告


はじめに書きます。

 

もし一眼レフを買ったばかりの初心者で、キットレンズ以外のレンズを買い足そうとしているのならば、買うのは止めて下さい。

 

新しくレンズを買わなくても、買ったときに付いてくるレンズだけで驚くような風景写真を撮ることが出来るからです。

 

今回は、一眼レフで写真撮影を始めたばかりならば、キットレンズだけで殆どの風景写真が撮影出来る、ということについて詳しく書いていきます。

 

入門用に最適!ダブルズームキット

一眼レフを初めて買うとき、基本的に既にレンズを持っている、という方はまず居ないと思います。その為、大抵の方はカメラ本体とレンズがセットで買える商品を購入するはずです。

 

一眼レフはデジカメと異なり、カメラ本体とレンズが別々になっています。ですので、カメラ本体だけを買ってしまうと、何も写真を撮影することが出来ません。

 

そこで有難いのが、ダブルズームキットと呼ばれるスターターセットです。

 

これはカメラ本体とレンズを別々に買うより遥かに安くてお得に購入出来るという魅力的な内容になっていて、しかも風景写真を撮影する方にとっては必須とも言える、広角レンズと望遠レンズがセットになっている商品です。

 

そのお陰で、カメラが届いたその日から写真をバシバシ撮影することが出来てしまうんです。

 

しかし、中には「所詮キットレンズなんて大した写真撮れないでしょ?」と考えている方もいらっしゃるかと思います。

 

確かにキットレンズよりも、上級グレードのレンズの方が良い写真を撮れるということもまた事実です。

 

ですが、一眼レフを使い始めたばかりの初心者が高いレンズを買っても、使いこなせるかと言うと、どうでしょうか?一概には言えませんし、失礼に当たるかもしれませんが、正直言って宝の持ち腐れになってしまいそうで仕方ありません。

 

勿論高いレンズは良いレンズとも言えるので、適当に撮影するだけでも「それっぽい写真」を撮ることが出来、写真を見た人は「すごーい」と驚くはずです。

 

でもそれでは本当の意味で一眼レフを使いこなしているとは言えませんし、まず基礎が身に付きません。キットレンズだからこそ学べる点も多く、着実なステップアップが見込めるはずです。

 

キットレンズはショボい=大間違い

「って言っても、キットレンズで撮れる写真なんて、大したこと無いんじゃないの?」

 

と思われた方に、キットレンズで撮影した写真を何枚かお見せしたいと思います。

 

全て一眼レフのエントリーモデル、CanonEOS8000Dのカメラ本体に広角や望遠のキットレンズを装着して撮影した写真です。どうですか?思ったほどショボく無いでしょう?

 

写真を他の方に見せると大抵「え!?これでキットレンズなの?!」と驚かれます。

 

高いレンズで撮影した写真に比べたら、色収差軽減や画質なんかは確かに劣ります。しかし、一眼レフを買ったときに付いてくるキットレンズだけでもこれだけ撮影出来るんです。

 

一眼レフの撮影方法に慣れていない初心者の方がいきなり高いレンズを買っても、まず使いこなせませんし、そんなレンズを買ってあまり使わなくなるくらいなら、キットレンズのみを使って撮影する方がずっと速く確実に上達します。

 

キットレンズに慣れ、「もうこれ以上はこのレンズで上を目指せない」となってから初めて高いレンズの有難みが分かるのです。

 

たかがキットレンズ、と侮らずにまずは騙されたと思って使ってみて下さい。

 

終わりに

キットレンズで人を驚かせるくらいの風景写真が撮影出来る頃には、あなたの撮影技術も相当上達しているはずです。高いレンズを買うのは、それからでも全く遅くありません。

 

あなたも、見た方がびっくりするような素敵な風景写真が撮れるよう、まずはキットレンズで撮影をしてみて下さい。


広告


 

 

カメラ/写真カテゴリの最新記事