【ミニレポ集】【関東甲信編】ドラレコハイライト(志賀草津高原ルート他)

【ミニレポ集】【関東甲信編】ドラレコハイライト(志賀草津高原ルート他)

僕が行く秘境は何も千葉県だけではない。千葉市に住んでいる為、アクセスがしやすいということ、探してみるとなかなか味わいのある秘境があり、発掘する楽しさがあることから千葉県に行くことが多いだけであって、県外に繰り出すことが全く無い訳ではないのだ。

 

今回は千葉県を除いた県外の秘境、観光地へ行った時に目にしたハイライト集をお送りしたいと思う。目を奪うような絶景とアッと驚く出来事を詰め込んだので、楽しんで頂けたら幸いだ。

 

広告

 

 

【群馬県】国道最高地点の絶景

現在地は国道292号線、群馬県吾妻郡草津町付近だ。この道路は日本国道における最高地点、渋峠を通過し、名実共に絶景を見ながら走れることで有名である。

 

この日は関東信越2泊3日車中外泊ドライブをする為、最初の目的地である渋峠へと向かったのだ。

 

ちなみになぜ車「中外」泊なのかと言うと、1日目は草津の道の駅にあるベンチ(外)で寝て、2日目は福島の温泉に停めて助手席(中)で寝たからである。我ながら、2日共とんでもない場所で寝泊まりしたものだ(笑)

 

道が開け、奥にうっすら志賀草津高原が見えると共に電光掲示板に「草津白根山 終日通行可能」と書かれている(何故か文字化けしているが)。

 

そう、初日にここを選んだ理由は前月6月7日に国道292号線の夜間通行規制が解かれたからだ。それまでは8時から17時以外の時間帯に規制が敷かれ通ることは許されなかった。

 

加えて湯釜の観光も可能になっていた為、これは行くしかないと思ったのである。

 

うぉ、殺生河原!!

 

とてつもなく物騒な名前である。だが実際、辺りからは生物を寄せ付けない硫化水素を噴出しており、文字通り「死の谷」と化しているのだ。「駐停車禁止」の看板が至るところに掲げられており、如何に危険な道路かということが分かる。

 

荒涼とした景色が好きな僕も思わず車を停めて撮影したくなる光景だが、背に腹は変えられない。いくら臭気を帯びているとはいえ、濃度がどれだけか計り知れないし、知らず知らずのうちに硫化水素が体内に蓄積し昏睡に陥る危険性もある。実際高濃度の硫化水素は人間の鼻では臭気を感じ取れず、結果いきなり卒倒し、死に至るケースが登山客などで多い。

 

ここは大人しく通過することにしよう…。

 

 

徐々に靄がかかり始め、山頂へと向かっていく。早朝で車も少ないことを良いことに少々「やんちゃ」しながら高度を上げる。この時間帯の快走路は最高である。

 

登りのヘアピンは正直苦手だ。FFである僕のTTにとってヒルクライム程厄介なものはない。横滑りを起こさせないようにクリップポイントに向けてブレーキングを行うが、加速の為にスロットルを大きく開けようものならフロントのトラクションが抜け、充分に加速出来ないからである。ドライ路面の為、多少の無茶は通るが、ただでさえタイヤのグリップがコーナリングで横に奪われているのに、更に加速で縦グリップを使おうものなら限界を超え、アンダーステアになってしまう。

 

・・・・・まあ攻めてないし、レーサーでもタイムアタックでもないので、そこまで細かいことを考えることはないのだが。

 

 

秘境感が漂ってまいりました。

 

これだけ見ればどこの秘境だよとなるが、志賀草津高原ルートは信州のドライブ雑誌に必ず載る程有名なれっきとした観光地である。

 

そして広めの駐車場の道路に出る。右手の赤丸で囲った場所にはエメラルドグリーンの湖水をした火口湖、湯釜がある。

 

このあと立ち寄るのだが、今は渋峠を目指して更に高度を上げていく。

 

万座三叉路へ突き当たる。左折すれば毛無峠のある長野県道・群馬県道466号牧干俣線へと続いている。この県道は何度も長野県と群馬県の県境を行き来する為各県の道路番号が同じになっているようだ。

 

右折し渋峠へと進む。

 

ゲートオープン!

これは喜びを隠しきれないな。早朝に何度万座三叉路へ足を運んでも閉まっていたゲートがご覧の通り開いているのだ。先を急ごう。

 

妖艶な空。日の出と日の入りの前後1時間くらいの時間はマジックアワーと呼ばれ、空の色が大変ドラマチックになり、見るものを惹き付ける写真に仕上がる。これは最高の一枚が撮れそうだ。

 

雲の滝だ!道路を遮るようにして雲が尾根を横断していた。なかなかお目にかかれる光景ではない。

 

煌めく朝陽を浴びながら国道最高地点へと近づいていく。ついに最高地点へ辿り着き、僕を待っていた景色は・・・

 

至高の絶景である!!!

まるでファンタジーに出てくるような美しい風景。

右手に見えるのは湯釜のある白根山、左手には芳ヶ平。そこへ更にマジックアワーが加わり他に類を見ない程素晴らしい「絵」を生み出していると言えよう。

 

石碑と相棒を撮影。2172mというのがこの渋峠の高さであり、日本国における国道の最高地点であることを指し示している。

 

先程少しだけ触れた湯釜。唯一無二ともいえるエメラルドグリーンの湖水を持つ、白根山の火口湖だ。2017年6月7日に火山警戒レベルが1にまで下がったことを受け、湖の500m手前までの立ち入りが許可された。

 

2018年4月24日現在、同年1月23日に発生した本白根山噴火により再度立ち入り制限が入ってしまったことが残念で仕方無い。

 

この絶景ロードが近い将来また自由に走行出来る日が来ることを僕は祈る限りだ。

 

広告

 

【長野県】県道を闊歩する○

場所は長野県道66号豊野南志賀公園線。国道最高地点のある志賀草津高原道路からさほど離れていない県道である。この日僕は紅葉を撮ろうといつものように前日より動き出し、長野県の須坂市から長野県道112号大前須坂線を登り毛無峠を見たのち、この地を目指した。

 

写真のように残念ながら紅葉は見れなかったのだが代わりに驚くべき光景を目の当たりにすることになる。

 

九十九折れの続く若干路面の荒れたワインディングを霧の中進んで行く。麓からどれだけの距離を登っただろうかとぼんやり考えていると、その時は訪れた。

 

ん?前方に・・・何か動物がいる・・・。

 

この近辺は高山村と呼ばれる地名で、名の通り奥深い山々に包まれている。動物の一匹や二匹居たところでなんら不思議ではない。ひとまず車速を落とし、慎重に近づいていく。すると・・・

 

徐々に動物の姿が大きくなり、種類が特定出来るまでの距離になる。

 

え?ちょ!まっ!!お前、まさか・・・!!

 

牛!!!???

 

そう、牛である。それもこちらに気付き、後ろをのっそりと振り返った。見事な体躯の牛が一頭、長野の県道をのんびりと散歩していたのだ。

 

実はこの場所、山田牧場と呼ばれる牧場があり、自然交配、肥育を目的として牛が放牧されていたのである。

 

驚いたことに、僕の車が近付くと牛は路肩へとより、変わらぬゆったりとした動きで横を通る僕の方を見つめていた。よく訓練された牛だ。相当車に慣れていると見える。

 

牛との邂逅から少し登ったところに「山田牧場」と書かれた看板がある。ここからようやく牧場ということになる。

 

「これより山田牧場 放牧牛馬に十分に気をつけて通行および駐車してください。」看板にはそうはっきりと書かれていた。牛を見る前にこの看板を見ていれば特に驚きもしなかった事象だが、放牧はここへ来るまで知り得なかった為、しこたま驚いたのは言うまでもあるまい。

 

最後に山田牧場を登り、見晴らしの良い場所にて三脚を置いてのセルフ自撮り。

 

牛が闊歩する衝撃的な県道であった。

 

 

【静岡県】センターラインにいた〇

またしても動物との邂逅である。しかし今度のはポピュラーな動物ではあるが、実際にお目にかかること自体が珍しい「狩人」である。

 

「2泊3日伊豆半島1周ドライブ」を実行する為静岡県に来ていた。西伊豆に該当する静岡県道18号修善寺戸田線と交わる静岡県道127号線舩原西浦高原線を南下していた時のこと。早く着いて日の出待機しようと思い東名高速で沼津まで行った後、一般道にてここへ辿り着いた。

 

しかしあまりにも早すぎる時間に着いてしまった為、暇過ぎて127号線を行ったり来たり往復して夜中のワインディングを堪能していた、その時にヤツと僕は出逢うことになる。

 

あれ?センターラインにいるのってもしかしなくても・・・

 

梟だった。

 

センターラインに行儀良く立ち、こちらを見ていたのである。鹿や猪、猿、猫、犬、狸、狐、カワウソ、キョンといった様々な動物達と道路を走行中に遭遇したものだが、梟は初だ。

 

雪の残る1月の伊豆半島そこで出逢った景色と梟の思い出はきっとこの先も記憶に残り続けるだろう。

 

【山梨県】極荒れ林道

場所は山梨県道112号川窪猪狩線。昇仙峡から山梨県道7号甲府昇仙峡線を北上しT字路を右に進むと走ることになる県道だ。板敷渓谷の大滝をカメラに収めたのち、笛吹川フルーツ公園で夜景を撮ろうと思っていたのだが、思いのほか長居をし過ぎてしまい、ショートカットの出来るポイントは無いか探していたところ、東の脇道から山梨県道31号甲府山梨線に抜けられる道があると分かった。早速T字路を左折し、目的の道へと入っていく。

 

いきなり道の雰囲気が変わった。既に市道クラスである。あとで分かったことだが、この道は高成線という林道なのだ。てっきり僕は市道辺りかと思っていたのだが。

 

すごく・・・怪しいです・・・。

 

崖崩れ注意の標識が道の怪しさを助長しているようにも感じる。道の荒れ方は増し、中央は隆起し、タイヤの乗るべき場所は陥没と言えるほど凹んでしまっている。あまり中央と脇に高さの差があると低車高のTTでは腹下を擦る可能性が出てくるので、なるべく車体の片側を路肩に寄せ、もう片側が隆起した箇所にタイヤが乗るようにしながら走る。

 

あ、対向車。向こうはどう見ても工事車両か地元車両だが、こちらはあからさまに「不審車両」。千葉県ナンバーのスポーツカーがこんな山奥に来ているのだ。常識的に考えたら変である(笑)

 

実際すれ違う時、ドライバーは目を丸くしていたのを覚えている。

 

道路脇で工事が行われている箇所を何度も見かける。てかここ、ほんとに先に通じてる、んだよな・・・?

 

もうラリーじゃねえか・・・。

 

実質山梨県の林道を相棒TTで走るのは始めてだが、こちらの林道も千葉県に負けず劣らずといったところだ。低山しか無く眺望がほとんど見込めない為スカイラインらしいスカイラインを一切持たない千葉県だが、林道のクオリティは別。他県に引けを取らない程強烈な難易度の林道が山のようにある。流石は林道王国千葉県。ここ山梨県は更に高い山が多い為、お気に入りの林道を見つけ、眺望を楽しむのも良さそうだ。

 

って、あれ!?なにここ!?

 

いきなり舗装が無くなりダートに変わる。しかも路面を良く見るとが半端では無く、須賀尾峠に設置されている減速目的のウェーブさながら、縦波を打っている。これは無理だ。横波なら道路脇に車体片側を寄せてブリッジ走行しようかとも考えたが、縦波の場合、下手すれば車両がつっかえ、完全に沈黙してしまう。カーブミラーが置かれているとはいえ、この先の状況が分からない。流石に数キロこの縦波が続いているのであれば圧倒的に時間が足りない。攻略している間に日が暮れてしまう。

 

敢え無くリタイヤ。道路幅を目一杯に使い、車両を転回。その後は大人しく県道112号線を走り、フルーツ公園へと向かった。

 

この日フルーツ公園で撮った甲府盆地の夜景。

 

いずれは極荒れ林道の高成線を相棒TTで制覇してやりたいものである。

 

 

広告

 

ドラレコハイライトカテゴリの最新記事