2/16ページ

   

【岐阜県】【廃鉱山】錆色に包まれる絶勝廃墟、春日鉱山跡美束区画を探索せよ!

「錆とは何か?」と聞かれて「分かりません」と答える大人はいない。言うまでも無く、金属が劣化し腐食することを指している。往々にして大多数の人が嫌厭する対象であることは間違い無く、まず見向きもしないだろう。だがその錆が山奥を彩り、「骨董品」のような存在になっている廃墟がある、としたらどうだろうか?

【千葉県】【廃神社】オーラ纏う朽ち果てた儚き廃墟、大山祇神社

廃神社、という言葉はどこか美しく、どこか恐ろしく、どこか儚く感じる。廃村や廃集落で見掛けることが多い廃神社だが、千葉県には周りに他の建物が無く、1軒のみが小高い丘に残された廃神社がある。長い年月が経過し、朽ち果てながらも特有のオーラを放つ廃神社をレポート。

富士山はどの方角から撮るのがオススメ?最も富士山が美しく見える方角とは?

霊峰富士。「日本」のシンボルとして有名で、毎日世界各地から富士五湖をはじめとしたビュースポットへ観光客が訪れます。富士山を見られる場所は多いですが、人によっては「どの方角から見るのが美しいのだろう?」と思うはずです。今回は不知火が6方角8箇所で撮影した富士山写真を用いて方角による見え方の違いを解説します。

霞みの無い富士山を見る!富士五湖から富士山がスッキリ見える日の条件とは?

「富士山を見に行こう」と思って富士五湖に足を運んでも、霞んでいたり、雲っていたりしてスッキリした富士山が撮れないという経験はありませんか?スッキリした富士山を見るには天気予報の「晴れ」以外の情報も不可欠です。そのポイントを解説します。合わせて何月がベストかもご紹介。

【滋賀県】【廃鉱山】秘境に眠る古びた神殿!土倉鉱山跡を探索せよ!

魅力を秘めた禁断の物件、鉱山跡。実際は管理されているケースが殆どで、外観を見ることすら叶わないことも珍しく無い。だが滋賀県には、選鉱所跡と坑口が残され、その遺構を自由に鑑賞することが出来る、土倉鉱山跡と呼ばれる場所があった。神殿のように立派な佇まいをした、見所満載な鉱山跡を探索レポート。

一眼レフを買ったばかりの初心者はキットレンズだけでOK!どんな風景写真も撮影出来るキットレンズの凄さとは?

一眼レフを購入して、目に留まったシーンをバシバシ撮影していくのはとても楽しいと思います。しかし周りで一眼レフを使っている方のレンズを見ると、上級グレードを使っていて買うか悩む。気持ちは分かります、でもちょっと待って下さい。最初から付いていたキットレンズだけでもハイレベルな写真が撮れることはご存知ですか?

慣れてきた、そんなときこそ要注意!初心者ドライバー卒業後に待ち受ける恐ろしいワナとは?

車の運転を始めて半年も経つと、程度の差はありますが、徐々に上達していることを実感出来るようになります。それまで怖かった車の運転も、少しずつ慣れて色々な場所に繰り出すことが楽しくなってくるでしょう。ですが、そこに大きなワナがあります。不知火自身が経験した、慣れたときに犯した大きな過ちについて書いていきます。