4/16ページ

   

【千葉県】【林道】秘められた絶景が眠る、林道金谷元名線での無謀な挑戦

林道の聖地として関東でも有名な千葉県。相棒TTと共に行ける林道は入っていっていた不知火だが、心に残る絶景は出逢わなかった。今回富津市から鋸南町にかけて設けられたダート林道でそれを見つけた。美しくも荒々しい林道風景と、定常運転を行う不知火の無謀な挑戦をお楽しみ頂きたい。

【ミニレポ】【千葉県】【険道】鹿野山付近にある荒れに荒れた不気味な千葉険道164号線

他の都道府県と比べると千葉県は酷道や険道のレベルが低い。整備が比較的行き届いているとも言えるのだが、その考えられる理由は、冬が温暖なこと、急峻な地形がほぼ無いことがそれである。だが探してみると、千葉県でもなかなかに味わい深い「険」な道というのは存在する。放置され過ぎて荒れ放題になった険道のある区間をレポートしたい。

【ミニレポ】【山梨県】【林道】ダム湖ほとりにある極荒れダート、林道高成線

富士山や昇仙峡、笛吹川フルーツ公園等の観光地が多い山梨県。一見明るく和やかな県に思えるが、蓋を開けるとマニアックな場所が散りばめられている。不知火が行ったとある極荒れ林道のミニレポをお送りしたい。

【ミニレポ】【長野県】【珍事】堂々と県道を歩くとある家畜

道路上を動物が横切るのは珍しいことでは無い。鹿や猪といった動物は山間部ではごく当たり前だし、市街地でも猫や狸が横断しているのをちらほら見掛ける。だが長野県に行った際、山間部であっても普通は見ることの無い、レアな動物に道路で遭遇した。その様子をレポートしたいと思う。

【ミニレポ】【千葉県】【林道】素掘二連隧道が待ち受ける林道月崎1号線

オフバイクやクロカン車にとっては遊び場として定着している林道。相棒TTに乗る不知火も林道へ行ってみたかったのだが、なかなかその一歩が踏み出せずにいた。だが今回、一念発起して初のTT林道デビューをしたときの模様をお伝えしたいと思う。「初」に選んだ林道は素掘の隧道が二連続する、有名なあの林道だ。

【ミニレポ】【千葉県】【未成橋】山中に現れる巨大未成橋、天津ループ橋

ループ橋というのをご存知だろうか?名の通り橋なのだが、特徴としては半円もしくは円というように、大きく円を描き、山間部で高低差が激しい場所を緩やかに迂回する為に設置される橋である。鴨川市(旧、天津小湊町)に着工から20年以上という歳月が経ちながら今だに完成しないループ橋がある。今回はその謎に満ちたループ橋をご紹介。