必見!車の写真撮影スポット、オススメ一覧の紹介

必見!車の写真撮影スポット、オススメ一覧の紹介

広告


愛車を構図に入れて写真を撮りたい、でもどんな場所があるか分からない!

 

という方の為に、僕が今まで訪れて相棒TTと共に写真を撮った場所をマイマップにまとめました。地図上のマーカーは基本的に場所を正確に示していますので、方向さえ間違えなければ同じように撮ることが出来ます。是非車の写真を撮る時の参考にして下さい。

 

また、この記事内に特に厳選した超オススメスポット数か所の簡単な紹介と、車の写真を上手く撮影する為の4つのコツを紹介した記事をリンクしています。

 

 

厳選スポット紹介

【山梨県】精進湖畔

オススメ度:★★★★★+Ex

秘境度:★☆☆☆☆

危険度:★★☆☆☆

絶景度:★★★★★+Ex

地図リンク

文句無しの絶景です。

 

精進湖は富士五湖の一つで最も小さい湖ですが、「最も美しい富士山が見られる」ということでも有名です。

 

富士山の手前に見える小さい山は「大室山」といい、セットで「子抱き富士」と呼ばれています。

 

湖畔ギリギリまで車両の乗り入れが可能で、静かな湖のほとりでのんびり撮影することが出来ます。

 

富士山+ダート+湖+新緑+車とこれ以上に無い程、好条件に恵まれた、僕的に最高の撮影スポットです。

 

ピクスタにて当写真の販売をしております。

【山梨県】精進湖より富士山とスポーツカー

 

 

【長野県/群馬県】毛無峠

オススメ度:★★★★★+Ex

秘境度;★★★★☆

危険度:★★★★☆

絶景度:★★★★★+Ex

地図リンク

「群馬県」と書かれた県境標識の隣に「この先危険につき関係者以外立入禁止」という看板が置かれ、「グンマー=秘境」というイメージが定着し、一躍有名になったスポットです。

 

長野県高山村側の長野県道112号線分岐から林道を走り、辿り着くこの毛無峠。

 

荒涼とした一帯と晴れた日には浅間山まで見渡せる風景はまさに絶景と呼ぶに相応しく、秘境でありながら観光地のような不思議なところです。

 

霧がかかっていることが多く、また年中強風が吹き荒れる為、訪れる際は夏場でも軽く羽織れる物が必要です。

 

毛無峠とその先小串廃鉱山跡のレポートもありますので、興味のある方は以下リンクからどうぞ。

 


広告


 

【岐阜県】酷道418号線(八百津ダート区間)

オススメ度:★★★★★+Ex

秘境度:★★★★★+Ex

危険度:★★★★★+Ex

絶景度:★★★★★+Ex

地図リンク

「キングオブ酷道」と呼ばれる酷道418号線、その由来たらしめた区間のひとつがこの八百津ダート区間です。

 

丸山ダムから東に進むと町道篠原八百津線との分岐が現れ、そこを6.8km程走ると町道十日神楽線が左手に見える場所で唐突にゲートによって終わりを迎えます。

 

距離こそ短いですが、酷道要素は他に類を見ない程凄まじく、ほぼ全線ダート、ガードレール無し、狭隘、落石、太枝、落ち葉沢山、ぬかるみと、およそ生半可なドライビングテクニックでは詰むこと必死です。

 

酷道マニアであれば、絶対に自分の車で訪れなければならない「聖地」ですが、初心者や市街地幹線道路しか走ったことの無いドライバーは絶対に行かないで下さい。崖下はダム湖なので「落ちたら死ぬ」こと確実ですし、下手すればパンクやスタックもあり得ます。

 

ですが、非常に価値ある酷道なので、実力のあるチャレンジャーは是非四輪車で挑んでみて下さい。特に低車高車のスポーツカーで踏破出来れば唯一無二の達成感がありますよ。

 

一般的な絶景とはまた異なりますが、個人的に「深い」景色なので、★5+Exで付けました。

 

また、ブログに不知火のTT走破レポートがありますので、酷道、ダート好きな方は是非読んでみて下さい。

 

 

【神奈川県】元箱根港

オススメ度:★★★★★+Ex

秘境度:★★★☆☆

危険度:★★★★☆

絶景度:★★★★★+Ex

地図リンク

冠雪した富士山、赤い鳥居、静かな湖面そして愛車。これを絶景と言わず何と呼ぶのでしょうか。

 

関東随一の観光地として知られる箱根。元箱根港の海賊船乗り場にその場所はありました。

 

分かりづらいのですが、国道1号線を走っていると元箱根港の広い駐車場の入口とは違う、急坂を下っていくと小さな駐車スペースがあり、そこから撮影することが出来ます。

 

個人的に、数ある箱根の撮影スポットの中で、この場所が最も素晴らしいのでは無いかと思う程です。

 

箱根に立ち寄る際は一度訪れてみて下さい。

 

【新潟県】奥只見シルバーライン

オススメ度:★★★★★

秘境度:★★★★★

危険度:★★★☆☆

絶景度;★★★★★

地図リンク

どこまでもどこまでも続く隧道・・・。それがこの奥只見シルバーラインです。

 

正しくは新潟県道50号線。元々奥只見ダムを建設する為、工事車両のみが通行することを前提にして造られた道路です。

 

その為、隧道内の状況は一般的な隧道と大きく異なり、急カーブに始まり、ウェット路面、素掘、湧水、加えて濃霧と言った珍事まで発生する有様です。実際隧道内には「濃霧注意」という看板が設置されており、僕自身濃霧を体験しています。

 

まるで探検家にでもなったような、そんな気分にしてくれる素敵スポットです。

 

この特徴的な隧道、走行レポートになってますので、記事の方もチェックしてみて下さい。

 

【千葉県】富津岬

オススメ度:★★★★★+Ex

秘境度:★★★☆☆

危険度:★☆☆☆☆

絶景度:★★★★★

地図リンク

僕の住む千葉県から紹介するのは富津岬です。

 

特異な形をしたオブジェは五葉松を象った展望台となっており、東京湾から東京都や神奈川県まで見渡せる素晴らしいスポットです。

 

広めの駐車場と民家の無い静かな周辺のお陰で、心地良い潮騒を聞きながらゆったりと過ごせる、休憩場所としても優れたところです。

【東京都】汐留イタリア街

オススメ度:★★★★☆

秘境度:★☆☆☆☆

危険度:★☆☆☆☆

絶景度:★★★☆☆

地図リンク

東京都内の有名な撮影スポットです。

 

ギリシャのパルテノン神殿を思わせる美しい石柱が印象的な建物は日本中央競馬のJRAです。

 

すぐ隣にあるグラディート汐留もなかなかです。

 

やはりTTのような欧州車には西洋建築が良く似合いますね。

 

【神奈川県】京浜工業地帯

オススメ度:★★★★★

秘境度:★★☆☆

危険度:★★☆☆☆

絶景度:★★★★★

地図リンク

不気味でありながらどこか美しさを感じる工場夜景。

 

その神髄がここ神奈川県川崎市の京浜工業地帯です。

 

プラントの巨大さが良く分かります。

 

付近は大型トラックも頻繁に出入りする為、撮影するときは他車にも配慮しないといけませんが、唯一無二の景色は一見の価値有りですよ。

 

愛車の撮り方

車の撮影方法というのは一見簡単そうに見えて、実は結構コツが要ります。ぶっちゃけ風景写真を撮影する方が何倍も簡単です。

 

では、そのコツというのはどんなものかというと、場所、光、角度、距離。この4つです。これさえ押さえれば、例えスマートフォンでもかなり良い写真が撮れます。

 

気になる方は、記事の方にジャンプして読んでみて下さい。

 


広告


 

 

カメラ/写真カテゴリの最新記事