秘境

2/5ページ

【新潟県/福島県】【酷道】樹海ラインを走破せよ!(区間⑥)

導入編  区間①  区間②  区間③ 区間④  区間⑤  区間⑥  区間⑦   広告 ここがほんとの「樹海ライン」? 農地広がるのどかな地 延々続くかと錯覚してしまう程長い樹海ライン、それもついに区間⑥、クライマックスである。   実際は区間⑦までが正規の樹海ライン終点なのだが、この区間で尾瀬に辿り着く為、一区切りと言ったところだ。   現在地はというと・・・実は既に […]

【長野県】【Bスポ】ポートレートに最適な森の洋館~碌山美術館

長野県の中信に位置する安曇野市。   育てるには清流が不可欠なワサビが多く栽培され、名所にもなっている日本最大規模のワサビ生産地の大王わさび農場や中房川を源泉とする温泉の安曇野しゃくなげの湯、市は異なり松本市だが西へ進めば上高地、と言った観光に事欠かない見所の多い都市である。   その安曇野市にレトロな雰囲気が漂い見た者を引き込んでしまう森の洋館があるのをご存じだろうか。 &n […]

【新潟県/福島県】【酷道】樹海ラインを走破せよ!(区間⑤)

導入編  区間①  区間②  区間③ 区間④  区間⑤  区間⑥  区間⑦     広告 間食のように軽~い区間 落ち着きのある宿泊施設 こうして区間地図を見てみると、樹海ラインも随分と進んだものだ。区間⑤に突入する。   ⑤の拡大図だ。この区間は九十九折れらしいヘアピンも少なく、全区間の中で最も難易度が低い。只見川がすぐ横に流れている為、時々その透明度の極めて高く美 […]

【千葉県】【秘境】隧道から流れ落ちる秘瀑~開墾場の滝

千葉県には人工ながらもまるで自然と遜色無い、美しい景観を持つ渓谷が数多にある。   ここで言う人工とは、川廻しによるものだ。房総半島では江戸時代頃を皮切りに、農業、林業、稀有なところで畜産業においてまで、川廻しが用いられ、水源確保に努めてきた。   その中でもかなりダイナミックな景観を誇る隧道滝があるのをご存じだろうか?   広告 開墾場の滝 川廻しにより生まれた景色 […]

【新潟県/福島県】【酷道】樹海ラインを走破せよ!(区間④)

導入編  区間①  区間②  区間③ 区間④  区間⑤  区間⑥  区間⑦     広告     過酷な九十九折れ連続の中間地点 尾瀬まであと半分くらい 崖にへばり付いたような道を延々走り続ける樹海ライン。なんだかんだ言って、ようやっと区間④まで来た。折り返し地点と言えばそうなのだが・・・   うげぇ・・・。   九十九折れさん、はりきり […]

【新潟県】【隧道】果てしない素掘の県道~奥只見シルバーライン

探検が好きな方ならロマンを感じずにはいられないアツいキーワード、素堀隧道。   どこまでもどこまでも、長く長く続く、そんな素敵な隧道が新潟県にあるのをご存じだろうか?     広告 奥只見シルバーライン 正式名称、新潟県道50号小出奥只見線。魚沼市本町を起点として魚沼市湯之谷までを路線とする一般県道である。総延長32.4キロのうち約6割を占める19キロは隧道となってお […]

【新潟県/福島県】【酷道】樹海ラインを走破せよ!(区間③)

導入編  区間①  区間②  区間③ 区間④  区間⑤  区間⑥  区間⑦     広告 キツすぎる中盤戦 本性を現した樹海ライン 枝折峠を下り、道も緩やかになった樹海ライン。この「酷道」に入る当初、どんなもんかと緊張していたのだが、存外大したことは無く拍子抜けしてしまった前半戦だった。   だが僕は知ることとなる。これからが樹海ラインの真髄であり、今までのは前座に過 […]

【千葉県】【廃道】断崖に造られた最凶国道~おせんころがし

昔、大沢集落一帯を領地に持つ、古仙家という豪族が居た。代々古仙家は領内の人々の面倒を良く見ていた為、親しまれていたのだが、ある代の古仙家は年貢を高くすることを決めた。領民は激しく反発したが、聞く耳持たず、重い税をかけたことにより、古仙家は大金持ちとなった。   しかしこの古仙家には子供に恵まれなかった。ある時神頼みで9月13日の月姫にお願いをする。願い叶って翌年には可愛らしい女の子が生ま […]