【ミニレポ集】【千葉編】ドラレコハイライト(国道の素掘隧道他)

【ミニレポ集】【千葉編】ドラレコハイライト(国道の素掘隧道他)

前回のTTハイライト集、予想以上にヒートアップして記事を書いていたことに自分でも驚いた。なので今回もハイライト集その2ということで振り返ってみようと思う。引き続き、濃いネタをお届けします。

 

 

広告

 

 

国道なのに素掘隧道!?

場所は国道410号線の大戸見旧名殿地区。一見何の変哲も無い400番台国道だが、実はここ、とんでもない秘密がある。まずはこの三叉路を右に入る。すると・・・

 

キタキタキタ!おにぎり+幅員減少コンビ!

もうしょっぱなからごちそうじゃないか。れっきとした国道、だというのにいきなり酷道心をくすぐるグッドな組み合わせで出迎えてくれる。だが、こんなものまだ序の口である。何故なら・・・、

 

ぐはぁ・・・素掘・・・だと・・・!?

そう、国道に素掘隧道なのだ。国道410号線といえば房総半島における背骨の役割を果たす重要な道であり、三島廃隧道のような廃道の王者も眠っているというマニア垂涎の道でもある。

 

そもそも国道に素掘隧道があること自体激レアだ。大分県に次いで日本で2番目に隧道が多い「隧道王国」で知られる千葉県だし、林道や町道に行けば素掘なんてゴロゴロある。だがここは国道。例え千葉県とはいえ、国道に素掘があることなんて全国的に見てもまず例がない。

 

特徴的なコの字を描く坑口を持つ隧道は「四町作第一隧道」という名称でモルタル吹付がされた全長52mの素掘隧道である。開通したのは1902年で、現状通行可能な日本国道の隧道で国道143号線にある明通トンネルに次いで2番目に古いのだ。明通トンネルと言えば上高地へ向かう途中に通った何とも古めかしいトンネルだ。

 

しかも明通トンネルは改良が施されていて坑口はコンクリートポータルとなっている為、国道の素掘隧道としては日本で1番古いということになる!まさかそんなにも古い隧道がここ千葉県にあったとは・・・何とも驚きである。

 

隧道を抜けてから撮影。美味しすぎる光景に朝っぱらから一人大歓喜な不知火であった。

 

広告

 

 

激荒れホラー険道

現在地は千葉県道163号小櫃佐貫停車場線。

鹿野山のすぐ上を通過し、君津市へと向かう道である。左へのV字ターン先は県道164号荻作君津線へと通じるのだが、そもそもホイールベースとトレッド幅の小さい車か、スピンターンを決めるか、前フル荷重でスライドを決めない限り一発で曲がれない上、これがまたものっそい険な道なのだ。

 

標識さーん、生きてますかー?

傾いているではないか!道幅は完全に一車線で幅員は精々2m。路肩は無く、対向車が来たら泣く泣くバックを余儀なくされる。

 

落とし穴かっ!!

と思わず叫びたくなるような穴っぽこが幾つかある。恐らく重量級の工事車両等が頻繁に通行する内に路面が荒れ、整備もまともにされないまま年月が経ってしまったのだろう。正直言うと荒れた道は大好物だが、こういった穴っぽこ、しかも避けるだけの幅員がほぼ無い道路は苦手である。ダイレクトに突っ込めばバンパーかマッドフラップに直撃し傷付いてしまうからだ。

 

しかもしばらく街灯が一切なく、もしも徒歩で進もうものなら冷や汗かきっぱなしなこと間違い無しだ。その証拠に・・・

 

いやぁ~お化け~~~!!・・・ではなく、牧場のサイロである。

 

右手には鹿野山牧場という牧場があり、映っていたのはそのサイロだったのだ。とはいえ、夜中にこんなものが街灯も無い場所に忽然と現れるのは正直心臓に良いものではない。ぶっちゃけ最初に通った時は一瞬正体が分からず、背筋を冷たいものが流れていったのをよく覚えている。

 

またお化っ・・・じゃなくてサイロか。

やっぱり怖い。この県道は魔滝や本村川源流を探索した後にも通ったり、スリルを味わう為に夜中に帰宅コースとして走ることがままある。「険道」としての区間が短いのが少々残念だが、交通量が圧倒的に少ない為、抜け道としても活用出来るのだ。

 

ちょっとしたプチ険道を味わいたいなら、是非通ってみることをオススメする。

 

TTで念願の林道デビュー

ひそかな夢があった。

 

それはTTで林道に行くことである。秘境探索がもはや自分の中で趣味の一環となり始めていた頃、「TTで林道を走ってみたい」という欲が生まれ始めた。しかし、TTは輸入車でスポーツカー。ボディを傷だらけにしたり、飛び石がホイールに当たったり、最悪事故ったりでもしたら笑えない。それでずっと渋っていたのだ。

 

だがその欲は日に日に増していき、とうとう我慢出来なくなってしまった。そして一念発起、決行した。

 

行った。

僕が選んだのは市原にある林道月崎1号線。ここは以前代車の軽で数回走ったことがあり、道を知っていたのだ。故に何とかTTでも走れそうだという目算があった為突入することにしたのである。

 

またこのくそ寒い冬に決めたのにも理由がある。それは植物が弱いからだ。夏場の房総半島の植物は、それはそれは勢いが強く、林道に入ろうものなら道路脇から伸びる草の洗礼を受けることになり、確実にボディが傷付く。まだこの時は巧みに草を避ける術が身に付いていなかったこともあり、被害は最小限に抑えたかったというのが大きな理由だ。

 

ついにTTで林道デビューを果たした。

傍から見れば大した面白くも何とも無い、普通なことであるが、僕からしてみれば大きな快挙である。あちこち秘境を駆け巡るも、未だ「林道」というカテゴリに踏み込めずにいた僕とTTがとうとう足を踏み入れたのだ。これで名実とも「相棒」と呼ぶに相応しい存在に成り得たと言えよう。

 

だが問題発生。

 

林道起点から数百メートル、上方の崖から木の枝が伸びていて進路上にかかっていたのである。参ったな、これではボディに「枝ブラシ」が炸裂してしまう。草が当たるよりも強烈なダメージが残ってしまう。流石にデビュー初日からそんな痛手を負う訳にいかない。一度降りて枝を観察する。

 

ラゲッジルームからナイフを取り出し枝切りにかかる。以前の枝切りにも登場したアキバで買った安物ナイフである。幸い大した枝でなく、冬の枯れ具合も手助けし、案外簡単に除去することが出来た。よし、先へ進むぞ!

 

しばらく道なりに進んでいくと前方に「とあるモノ」を発見する。僕は明るくなるのを待ち、モノの姿をまじまじと見た。そのモノ、というのは・・・

 

二連素堀隧道!!!

 

これまた非常に味の濃い隧道が出没した。確かに素堀自体はこの近辺にも多くある。しかし、特筆すべきは天井が抜けて二連構造になっていたことだ!これは大変珍しい。房総半島の林道の中でも極めてマニアックなスポットと言えるだろう。

 

隧道を一旦抜け、反対側から相棒と並べて撮影。まだ一眼レフを買って1ヶ月も経っていない時に撮影した写真なので、「映える撮り方」というのが出来ていないのが恥ずかしい。

 

加えて車体を見れば分かるが雨が降っていたので片手に傘、抱えるようにして一眼レフというシュールな絵面で撮っていた。思うようなアングルを決められないのがもどかしくて仕方無い。

 

素堀2本目である。

 

一見路面がダートに思えるが、実は枯れ葉や枝が積もっているだけで、全線舗装林道である。当時の机上調査ではダートか舗装か判別が出来なかったので、実地へ赴き判明したことだった。

 

とはいえ、ダート林道と言われても信じてしまいそうになる積もり具合だ。ピストン林道で、終点からハイキングコースへと繋がっているが、こんなくそ寒い真冬にハイキングは愚か、林道に行く人間はかなり稀であるはずなので、路面はほったらかしである。そのことがまた林道らしい一枚になっているのも事実だが。

 

林道月崎1号線、秘境感満載の極旨林道であった。

 

ゲリラ豪雨、決死の相棒撮影

時に天候とは、実に気まぐれである。

 

そんなことはこの世の常識であり、今更改めて書くことでもないのだが、やはりそう思わざるを得ない。何故なら、その日は急転直下とも言うべき変わりようを体感したからだ。

 

場所は千葉県道182号上畑湊線。通称「もみじロード」として知られ、シーズンは観光地で賑わうという観光スポットである。心地よいワインディングの続く快走路でもあり、日中はよくバイクでツーリングしているのを見かける。

 

途中に林道鹿原線(しっぱらせん)へと続く分岐がある。この日は千葉の渓谷の中でも指折りに美しいと噂される梨沢渓谷を見る為この林道へと入った。

 

ん?ゲート?

というより通行制限である。幅員は目測4m近くあるのにわざわざガードレールを立てて幅を制限するのは恐らく大型車の通行を禁止する為だ。大型車の代名詞とも言える10トンダンプなんかは車幅が2.5m近くある為確実に通行不可となる。林道を作った時点で幅員を2mにせず、後からガードレールを立てるあたり、この道でひと悶着あったのだろうな。

 

うーん、いい天気~。

思わず車から降りて辺りの景色を眺める。房総の夏に相応しく気温は34℃を越え、太陽が照り付けるカンカン照りであった。梨沢渓谷を探索し、さて帰るかと車に戻ったのだが、

 

どうしてこうなった

 

、それもとんでもないゲリラ豪雨である。ドラレコだと分かりづらいが、横殴りの大粒な水が車のボディやガラスを叩き、「ズババババ」という凄まじい轟音が響き渡る。さっきまで晴れていたとは思えない程強烈に降り続ける雨。ここ数週間多かった天候パターンではあるが、それにしてもこれは酷い仕打ちだ・・・。渓谷探索で全身が疲労している中、神経を張り詰めながら帰らねばならぬではないか。

 

とか言っておいて、気が付いたら相棒を撮影してました☆

 

「あんたバカぁ?」なんて罵倒が聞こえてきそうな写真である。何もこんな天候でストイックに撮影しなくても良さそうなものだが、どうしてもこの制限ゲート+ゲリラ豪雨を撮ってみたくなってしまったのだがら仕方が無い。

 

一眼レフをビニール袋にくるんで傘も差さずにカメラを構えるバカがそこにいた。

 

 

広告

 

今まで訪れた千葉県の秘境スポットを地図にまとめています。
ブログ記事を書いているスポットはそのまま記事にジャンプ出来ます。
リンク:千葉県秘境マップ

 

ドラレコハイライトカテゴリの最新記事