【岐阜県】【酷道】マジで「落ちたら死ぬ!」酷道418号線の八百津ダート区間をアウディTTで走破せよ!

【岐阜県】【酷道】マジで「落ちたら死ぬ!」酷道418号線の八百津ダート区間をアウディTTで走破せよ!

酷道418号線。

 

酷道マニアなら必ず一度は耳にするであろう国道で、国道157号線温見峠の「落ちたら死ぬ!」は有名を通り越してもはや聖地のレベルとなっている程である。

 

だが酷道418号線のハイライトはそれだけではない。嫌、それよりも更にハイライトと呼べる、廃道か林道としか思えない超絶酷道区間が存在するのをご存知だろうか?

 

広告

キングオブ酷道

OpenStreetMap and contributors CC-BY-SA

国道418号線は、福井県大野市を起点とし、岐阜県を経由して、長野県飯田市を終点としている。

 

総延長243kmで、途中幾つかの国道と重複しながら北陸信州を縦断する国道だ。

 

バイパス整備等が行われた結果、以前よりも走りやすくなったと言えなくもないが、依然として「酷道」と呼べる区間が点在しており、紀州の酷道425号線、四国の酷道439号線と合わせて「日本三大酷道」と呼ばれている。

 

OpenStreetMap and contributors CC-BY-SA

加えて特筆すべき点は、何と言っても廃道部分と超絶酷道部分があることだ。このことこそ国道418号線が「キングオブ酷道」との異名を取るに至っていると言えるだろう。

 

廃道部分は、恵那側に位置する笠置ダムから八百津町十日神楽(とうかぐら)の町道までの約8.4kmとなっており、両側ともゲートで完全に車両が入ることは不可能となっている。

 

OpenStreetMap and contributors CC-BY-SA

超絶酷道部分というのが、丸山ダムから東に進んでいくとある町道篠原八百津線の分岐から十日神楽にある町道十日神楽線の分岐までだ。このレポートでは「八百津ダート区間」と呼称させて頂く。おおよそ6.8kmで距離としてはかなり短いダートだが、その短さの中に「酷」さがこれでもかと言う程に凝縮されている。

 

ちなみに、ダート区間の起点となる町道篠原八百津線分岐には、かの有名な青看板が鎮座している。

 

R418のおにぎりの上から×印が貼られ、国道でありながら、その存在を全否定されるという、強烈なインパクトを誇る看板だ。恐らくこれを見る為に訪れる者も少なくは無いだろう。

 

自転車、オフバイク、徒歩で走るなら大した問題も無いだろうが、では車は?それも低車高の輸入車スポーツカーなら?

 

今回のレポートは、管理人の不知火が相棒TTと共に究極の酷道区間へ単身乗り込むという未曽有の挑戦をする内容である。どうか最後までスリルを味わいながら楽しんで頂きたい。

 

始めに書いておくが、この区間は以前走った酷道352号線(樹海ライン)とは比較にならない難易度である。あれは単にヘアピンが多く、高度を上げ下げしている上に道幅もあまり広くなかったから時間がかかり大変に思えたが、舗装路だった。それに比べて今回のは・・・・・レポートを読んでもらった方が早いかもしれないな・・・。

 

走破に至るきっかけ

そもそも何故、管理人不知火はそんなイカれた酷道区間を走行しようと思ったのか?それにはきっかけがある。

 

この日僕は「酷道418号線完全走破」を目指し、終点となる長野県飯田市から相棒TTを走らせ、当地点岐阜県八百津町十日神楽へと来ていた。

 

広めの邪魔に成らなそうな場所に駐車させて頂き徒歩で移動し、そこで例の廃道区間、深沢峡から笠置ダムまで歩いて踏破しようと考えていたのだが、思わぬ蜘蛛の巣地獄を目の当たりにし、装備不足とスケジュールの都合から断念することにした。

 

煮え切らなさを残しつつも車に戻る為、町道分岐まで戻ったところ、一台の車両が駐車していることに気付く。

 

「一応ここまでは車で来れるんだな・・・。」なんてことをボンヤリ思いつつも脇を通ろうとしたのだが、「こんにちは」と声をかけられたのである。

 

話しかけてきたのは初老の男性。春日井ナンバーのワゴンRから降りて来た彼は、白髪交じりだが活気溢れる雰囲気から、幾分か若さを感じる。何でも僕が歩いていた廃道区間にはとある魚(一応伏せます)の卵が取れ、売ると数千円にも及ぶ価値があるので毎年来ているのだとか。その男性の他に、恐らく息子さんだろう、若々しくハンサムな30代くらいの男性も来ていて、ウェーダーに着替えながら説明してくれた。

 

その中で、こんなやりとりがあった。

 

僕「(ワゴンRの通ってきた道を指差しながら)その道一応通れるんですね、僕も行こうかと思ってたんですが・・・。

 

老「止めた方がいいよ、すごく危険だから。」

 

止めた方がいい・・・?危険だから・・・?

 

僕の中で何かが燃え上がるのが分かった。これは・・・闘志だ。

 

仮にも相棒TTで数多の道という道を駆け巡り、文字通り寝食を共にして来た。数え切れない程の困難をくぐり抜け、全て生還したのだ。

 

「危険」だと言われて引き下がるようなら男では無いし、何より今まで数多の難所を相棒TTでクリアして来た者としてのプライドが許さない。

 

「挑むしか無いな・・・。」

 

十日神楽へ向かう町道を戻り登りながら僕は独り言ち、超絶酷道区間への挑戦を決意するのであった。

 

「国」に外された国道

OpenStreetMap and contributors CC-BY-SA

現在地は左上、八百津ダート区間の起点となる箇所だ。すぐ北は町道篠原八百津線、東に丸山ダムへと続く旧酷道418号線が伸びている。

 

地図で見ると川なのか木曽川の溜まり水なのか分からないが、その上に架かる赤い鉄骨の橋を渡る。これまた名前の分からない橋だが、ざっと幅員1.5車線、対向車が来たらまずすれ違えない。

 

!!!

 

橋を渡り切る辺りで、伝説の看板が否応にも目に飛び込んで来る。これかっ、これがあのっ!!!

 

国道でありながら、国道としての存在を否定され、通行すること自体禁止された、酷道418号線における伝説の青看板の一つである。

 

これにより、現地点八百津町から恵那市へ抜けるには左側(北側)へと迂回せねばならず、かなりの遠回りを要求される。

 

実はこの青看板がどこにあるか分からなかった。だから現地でこの青看板を見つけたときは心臓に直接触れられたかのような衝撃が走ったのだ。

 

よくよく青看板を見てみると、酷道418号線のおにぎりには白テープで×印が貼り付けられている。加えて赤丸で囲った部分にもシールで上から何かが隠されていることが分かる。

 

実は、かつてこの左側へ続く道は、岐阜県道353号線であったのだ。だが青看板からも分かる通り、現在は町道へと格下げされており、地図によっては県道から外されている。今後完成する新丸山ダムに伴い、酷道418号線を始めとした多くの道路が付け替えられており、それによってこの道路も指定から外されたということだろうか。

 

またもや「濃い」標識と看板のお出ましだ。左上には「通行止」の標識が立てられており、初っ端から只事ならぬ雰囲気を醸し出させている。赤丸で囲った看板についてもピックアップしてみよう。

 

通行止

国道418号は、ここから幅員狭小路肩軟弱で危険なため通行を禁止します

恵那方面へは県道篠原八百津線へお回り下さい

 

おお・・・、凄まじい・・・。「幅員狭小」「路肩軟弱」酷道における四字熟語が2つも入っている。「落ちたら死ぬ!」に比べると幾分か文章に柔らかさを感じるが、それでも一般のドライバーに回れ右をさせるには充分過ぎる内容だ。加えて看板が設置された頃はまだ北側の現町道篠原八百津線が県道であったことが分かる。

 

思いも寄らぬ車種との邂逅

起点から進み間もない区間は写真の通り、路面もアスファルトで舗装されており、あまり酷な印象を受けない。ガードレールもあるし、何というかまだ普通だな。

 

時折日差しが直接当たる場所になる。秋口とは言え、やはり日中の日差しはかなり強烈で、直射日光が目に刺さる。

 

んっ!?

 

ひょっこりと視界に飛び行って来た一台の車。猛スピードで姿を現し、僕の車を見ると素早く減速した。

 

ってかこの車種って・・・、

 

 

そう、言うまでも無くアウディだ。

 

まさか同メーカーの車とこんな場所で出逢うとは思いも寄らなんだ。素早くバックギアに入れ、華麗な後退をしてくれた。かなりドレスアップした外観とは裏腹に何て気の良い方なんだ。

 

ナンバーは恐らく車内に置かれている為、都道府県は確認出来なかったが、何となく手慣れた感じから、付近のドライバーで良く来るのかもしれない。あまり汚れていなかったことから僕がこれから向かおうとする酷道部分では無く、写真の後退してくれた分岐先に行っていたのでは無いだろうか?航空写真で確認すると釣り場のようにも思えたからだ。

 

車種は・・・ハッキリとは分からない。何せアウディには幾つか似通った車種がある。特にA4とA5はフロントから見る分にはパッと見区別がつかない。サイドから見ればファストバックかノッチバックか一発で分かるが。すれ違い様に見た分だと恐らくA4(SLine)もしくはミラーがシルバーに見えたからS4と思われる。兎にも角にもある種この区間で最も衝撃を受けたと言っても過言では無い出来事であった。

 

頭角現す超絶酷道

一期一会の出逢いののち、変わらず続く舗装路を進んでいく。これだけ見ると、美しい紺碧のダム湖を横に見ながら走れる林道のように思えてくる。

 

が、いきなりダート区間へと突入する。何の前触れも無く、唐突に来やがった。まだ極荒という訳では無いが、僅かに凹凸を見せる路面に少々脳裏に不安がよぎる。

 

奥まで行けるのか・・・と。

 

またもや塞がれていないゲートが。「通行止」「落石注意」の看板が右に立てられ、左には「崩土の為二股トンネル通行止」との看板がある。入口から濃ゆさが滲み出ていはしたが、これもなかなかのものである。

 

それ程までに、この先は危険極まりないということなのか?

 

続く・・・

 

広告

相棒TTと撮影したオススメスポットを地図にまとめています。

良ければ愛車と写真撮影する際の参考にして下さい。

記事内にイチオシスポットも挙げて幾つか紹介しています。

リンク:愛車撮影オススメスポットマップ

秘境カテゴリの最新記事